SDGs実現に向けたエシカルギフト販売

モノプロダクション

card_giftcard即日発送・ギフトラッピング対応

 

こんにちは!
いいものギフトモノプロの小石です。

本日ご紹介する
『SDGs×食』のニュースはこちら!

 


2022年トレンド鍋のテーマは「平成リバイバル」 食のレトロブームで定番回帰!映える「クリームチゲ鍋」作りに挑戦

日没も早まり、少しずつ秋の気配が漂うこの頃。秋とともに訪れるのが鍋の季節だ。その時々の食のトレンドや世相を反映した鍋料理を提案する「トレンド鍋」が発表された。2022年はいったい、どんな鍋なのだろうか?

Z世代が注目「平成リバイバル鍋」とは
2019年は発酵食品人気から「発酵鍋」。2020年はコロナ禍を反映した一人鍋「みんなでこなべ」。そして、2021年はSDGsへの関心の高まりを表現した「まるごと鍋」。

グルメ情報サイト「ぐるなび」が、その時々の食のトレンドや世相を反映した鍋料理を提案している「トレンド鍋」だ。2022年はどんな鍋なのか気になるが、その前にあなたが考える2022年のトレンド鍋を聞いてみた。

70代女性:
魚をメインにしたタラ鍋。私の腕がいいから出来栄えはグーです

10代女性:
キムチ鍋です。家ですごくキムチ鍋が出る。週に3回

だが、9月8日に発表された2022年のトレンド鍋は一味違っていた。

ぐるなび担当者:
今年のトレンド鍋は「平成リバイバル」です

「平成リバイバル鍋」とは、一体どんな鍋なのだろうか?

ぐるなび担当者:
Z世代が注目する「平成」に今らしさを加えてリバイバルした鍋選ばれたポイントとして、固めのプリンが人気など食のレトロブーム、食材高騰による定番回帰、3年ぶりの忘年会復活への期待などがあげられた。

出典:Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/e346d50b5d8f6ca45f48f1c546f419fd9f9d6bcd

 

というわけで今回は
鍋に関するニュースのご紹介でした!

肌寒い季節に食べる
温かい鍋って最高ですよねー。

余談ですが、私が成人した時、
義理の兄がお祝いで食事に
連れて行ってくれて、
「この先、何か大切な契約とかで
サインする時とかに使ってね」
って
万年筆(後に結構高価だった事が判明)を

プレゼントしてくれたのですが、
「ありがとー!」って言いながら
万年筆を掲げた瞬間、
手が滑って食事に出された鍋に
ダイブさせた思い出があります・・・

鍋を食べるたびに、
湯気越しに見えた義理の兄の
無の表情を思い出します・・・
鍋の良い思い出です!

コロナ禍で鍋を囲む機会は
減っているかと思いますが、
みんなで食べる鍋って
性格とか出て楽しいですよね。

鍋料理はいろんな食材を
おいしく頂けるし、
可食部位以外も出汁として使えるので
SDGs的にも優れてる点が多いと思います。

2021年のトレンド鍋「まるごと鍋」は
食品ロス削減や、コロナ禍で
行動範囲が制限されるなか、
地元の生産者や飲食店を応援する
「応援消費」が各地で広がることで
「地産地消」への意識も高まった結果
選定されたみたいです!

一言に鍋と言っても奥が深いし、
いろんな楽しみ方があるので
皆様もSDGsの目標達成につながるような
鍋の楽しみ方を見つけてみてください!

それではまた次回!