SDGs実現に向けたエシカルギフト販売

モノプロダクション

card_giftcard即日発送・ギフトラッピング対応

 

こんにちは!
いいものギフトモノプロの小石です。

本日ご紹介する
『SDGs×食』のニュースはこちら!

 


農作物の価格を消費者が決めるEC「ノウタスモール」をプレオープン
~生産者とっておきの農作物を、消費者が食べた後に価格を決められる。フェアでインタラクティブな新しい流通の仕組み~

家族農家が持続可能な社会の実現を目指すノウタス株式会社は、生産者とっておきの逸品をストーリーとともに楽しめるECサイト「ノウタスモール」を2022年9月5日にプレオープンしました。

 

 

ノウタスモールとは
ノウタスモールは、生産者のとっておきの逸品を、消費者が直接購入し味わったあとで価格を決めることができる新しい流通の仕組みです。生産者のストーリーと共に味わうことでより満足度の高い食体験にも繋がります。
https://mall.notas.co.jp/

農作物の価格の決まり方は非常に複雑なものであり、必ずしも原価や味によって決まるものではありません。そして長年の流通市場の大きな流れの中で固まった相場に変化を与えることは容易ではありません。一方で個人の嗜好性が多様化する現代において、「市場価格」と「個人が感じる価値」にはギャップが発生していると考えられます。我々ノウタス株式会社は、このギャップを埋めることで生産者の持続可能性を高め、各消費者にとって価値のある生産物を持続的に流通させる仕組みが構築できると考えています。

プレオープンの第一号店舗は実証実験でも大好評だった「岡木農園の巨峰、シャインマスカットのセット」からスタートし、熊本のいちご、山梨の柿、老舗の海苔などの隠れた逸品を追加準備中です。同時に運用面の検証を行い、順次規模を拡大していきます。

出典:prtimes.jp
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000100271.html

 

というわけで今回は
消費者が生産物の値段を
あとから決めることができる
EC「ノウタスモール」のご紹介でした!

消費者が値段を決めることで、
市場価格に左右されない
本当の価値を生産者に届けたい
という思いからこちらのサービスが
スタートしたということです。

後払いっていうシステム自体は
結構増えてきてるので知ってましたが、
後払い+自分で値段を決めるっていう
サービスがあることは初めて知りました!
(※最低価格の設定あり)

今回のニュースでぶどう業界の現状も
初めて知ったのですが、
シャインマスカットが勢力を
拡大している一方で、
ぶどうの王様と言われる
巨峰の価格と生産量は下がってて、
巨峰の生産自体をやめてしまう
農家さんも多いとか。

巨峰の生産はシャインマスカット以上に
原価がかかってて、あの美しい色を
出すためには職人技が必要だということも
知りませんでした。

買い物に行った時、
シャインマスカットを抱きながら
「ぶどう買って〜」と近づいてくる
我が子越しに見える値札に
戦慄を覚えながら
「こっちの方がおいしいぶどうだよー」と
巨峰エリアに誘導していましたが、
そんな家計のセーフティーゾーンが
消滅してしまうかもしれないということです。

我が家のお財布事情はさておき、
巨峰の生産に力を注いできた
農家の方からすると、
市場から存在感がなくなっていくのは
すごく辛いものがあると思うし、
「ぶどうといえば巨峰!」という方も
たくさんいらっしゃると思うので
今回のようなサービスが
誕生した事は双方にメリットがあるし、
持続可能な農業が実現することで
SDGsの達成にもつながっていきますよね!

スーパーとかで青果物を見てると
「私が育てました」的な
表示をよく見かけます。
生産者の名前を見たときに
自分と同じ名前だったり
知り合いと同じ名前だったりすると、
なんか親近感が湧いて
この人が育てた野菜を
買ってみようかな、という
気持ちになったりするので、
今回ご紹介したノウタスモールのように、
生産者の想いやこだわりを
もっと深く知る機会があれば、
市場価格に左右されない価値を
「値決め」という形で
伝えることができるので、
生産者の方々も励みに
なるのではないかなーと感じました!
(実際にサービスを利用した消費者は
市場価格より約1.4倍の価格で
決済しているとの事です!)

今回のニュースを通じて、
消費者が実施できる
ちょっと違った角度の
SDGs達成のためのアクションを
また一つ知ることが
出来たなーと感じています。

意識してみるとSDGs達成につながる
小さなアクションって
まだまだたくさんあると思うので、
みなさまもぜひ見つけてみてください!

 

それではまた次回!