SDGs実現に向けたエシカルギフト販売

モノプロダクション

card_giftcard即日発送・ギフトラッピング対応

 

こんにちは!
いいものギフトモノプロの小石です。

本日ご紹介する
『SDGs×食』のニュースはこちら!

 

リユース容器のテークアウトで、2000個のゴミを削減

Meglooは、飲食店のテークアウトから出るゴミを減らすために、2021年10月に生まれたばかりの新しいサービス。
善積さんが代表を務める株式会社カマンは、テークアウトにリユース容器を使うシステムを構築し、その容器を加盟する飲食店に提供している。
飲食店を訪れるユーザーは、テークアウトメニューをこのリユース容器で持ち帰る。利用は任意で、費用負担はない。
食べ終えたあとは、購入したお店か地域内の加盟店、返却ボックスのいずれかに返却する流れだ。
「Meglooは1店舗だけで利用し、容器を往復させるのはもちろん、同じエリア内で複数の飲食店で加盟して、容器をシェアしながら使うこともできます。
現在、実証実験中の鎌倉では11店舗が加盟し、容器はこの加盟店の中でぐるぐると循環する形となっています」(善積さん)
10月のスタート時から、利用はじわじわと増え、2022年6月時点の総利用回数は約2000回。
単純に使い捨て容器2000個分をなくせたことになる。
「環境省の発表する3R原単位の算出方法*によれば、1回あたりの容器ごみ25グラムから出るCO2は134グラム。
これまでのところ約268キログラムのCO2削減効果があり、手応えを感じています」(善積さん)
*3R(リデュース・リユース・リサイクル)の行動による環境負荷削減効果を見える化する目的で環境省が作成

出典:未来コトハジメ
https://project.nikkeibp.co.jp/mirakoto/atcl/food/h_vol77/

 

というわけで今回は、
リユース容器のシェアリングサービス
『Megloo』についてのニュースを
ご紹介させていただきました!

コロナ禍でテイクアウトを
始めた飲食店ってかなり増えましたよね。

いつも行列ができてて
入店できなかったり、
敷居が高そうだから
入店するの勇気いるなー
っていうお店でも、
テイクアウトが始まったことで
気軽にお店の味を
楽しむことができるようになった気がしてます。

しかし、当然ながら
テイクアウト=容器が必要=ゴミが増える!
という流れになってしまいますよね。
そんな問題を解決する方法として、
リユース容器でテイクアウトを行い、
加盟店で容器をシェアすることで
容器ゴミ削減につながるMeglooは
とても素敵なサービスだなと感じました!

現在リユースに使用している容器は
欧州から取り寄せていますが、
自社製の容器開発にも
着手されているとのことです。
素材は一般的なプラスチックのポリプロピレン。

「おや〜?プラスチックって
環境に悪いんじゃない?」
なんて思ってましたが、
環境に悪いのは
プラスチック自体ではなく、
使い捨てという行為。
容器は100%リサイクルするし、
単一素材ならば、
リサイクルも簡単なので
現時点では総合的にみて
ポリプロピレンが最適と
判断したとのことでした。

プラスチックフリーとか、
脱プラとかってワードも
よく見聞きしますが、
プラスチック=悪いもの
という決めつけは
よくないという事です。

決めつけちゃってた方、
いらっしゃいませんか?
・・・あれ?
いない??
じゃあとりあえず私だけ、
正座しときますね。

今回のニュースでは、
表面的な部分だけを見て判断せず、
使用するモノや作るモノが
環境に優しいかな?と
常に考えることが大切だということも
改めて気づかせていただきました。

ちなみに、いいものギフトモノプロで
販売しているサステナブルな
ギフト
ナッツブランド
「nutslink(ナッツリンク)」は

これまではポリプロピレン素材の
個包装を使用していましたが、
より環境への負荷が減るように
クラフト紙へ変更いたしました。
商品の性質上、個包装は
使い捨てとなってしまうため
今回の改善方法になりましたが、
人にも環境にも優しい商品を目指し、
さらなる改善を続けていきます!
SDGsギフトをお探しの方は
ぜひ一度、ナッツリンクを
お試しくださいませ!
味も美味しいと好評ですよー!

 

正座で足がしびれてきたので
今回はこのへんで!

ではまた次回!