SDGs実現に向けたエシカルギフト販売

モノプロダクション

card_giftcard即日発送・ギフトラッピング対応

 

こんにちは!
いいものギフトモノプロの小石です。

本日ご紹介する
『SDGs×食』のニュースはこちら!

 

発売から開始1週間で4,500個販売達成したサステナブルぬか床 「荏胡麻ぬか床」がバージョンアップして再度販売開始!

 

今まで捨てていた野菜の芯や茎を、ゴミ箱ではなく「ぬか床」にポイ。
有限会社山口こうじ店(所在地:福島県白河市、代表取締役:山口 淳、以下 山口こうじ店)は一般社団法人 東の食の会(所在地:東京都品川区、事務局代表:木村 拓哉)と共同開発した「荏胡麻ぬか床」(2022年2月7日販売開始)がより美味しくより漬けやすくリニューアルいたしました。

■リニューアルポイント
*柔らかく、すぐに漬かりあがる。
より手軽に漬けられるぬか床に水分量や熟成時間を調整することでぬか床がとても柔らかく、野菜を漬けやすくなりました。
リニューアル前は開封後、馴染むまで時間が必要でしたが、すぐに漬けられ、明日にはすでに美味しいエゴマぬか漬けが漬けあがるようになりました。
*α-リノレン酸含有量増加
エゴマの搾り実の量を調整することで、リニューアル前より、含有α-リノレン酸量が増加。美味しいぬか漬けを食べながら、より多くのα-リノレン酸を摂取可能となりました。
*お手入れ楽ちん
より漬けやすくなったことで、野菜を入れて後は置いておくだけでよくなりました。
週に一回かき混ぜるだけの、誰でも簡単にできるぬか床になりました。

●荏胡麻ぬか床とは?
荏胡麻ぬか床は、エゴマ油を絞ったあとの種実をアップサイクル(※)した「ぬか床」です。
採油後の種実にもα-リノレン酸などの栄養素が含まれているため、何か無駄のない形で商品にできないかと考案しました。
くず野菜をぬか床に2~3日漬けて取り出すのを2~3週間繰り返す面倒な「捨て漬け」や熟成発酵も済ませてあるので、すぐに漬け始められ、毎日の手混ぜも不要です。
エゴマの種実を加えることで、ぬか漬け特有のツンとする香りが少なく、深みのあるまろやかな味わいの漬物を簡単に作ることが出来ます。
料理で使い残した「野菜くず」を手軽に我が家オリジナルのぬか漬けにし、キッチン周りのごみも減らすことができ、“捨てない”を手軽においしく始められます。

※ アップサイクル=これまで捨てられていたものに付加価値をつけて、新しい商品に生まれ変わらせることを言います。

●荏胡麻ぬか床の3つの特徴
(1)手間いらず
面倒な捨て漬けや熟成発酵も済ませているので、すぐに漬け始めることができます。
毎日のかき混ぜも不要で、パッケージをそのまま漬け容器として使うことも可能です。
(2)深くまろやかな味わい
エゴマの種実を配合することで、ぬか漬け特有のツンとする香りが少なく、深みのあるまろやかな味わいに仕上がります。
荏胡麻ぬか床には、乳酸菌と麹菌、また必須脂肪酸のα-リノレン酸が含まれています。
(3)美味しいアップサイクル
精米工程で捨てられる「米ぬか」、エゴマ油を搾ったあとの「エゴマの種実」、地域の規格外の野菜を「捨て漬け」に利用しています。 家庭で捨てていた野菜の皮や芯も、美味しく生まれ変わります。

出典:@Press
https://www.atpress.ne.jp/news/316673

 

というわけで今回は
ぬか床のニュースを
ご紹介させて頂きました!

ぬか床って何かと管理が大変…
というイメージがありましたが、
最近は管理が簡単な商品が
いろんなところから
販売されてますよね!

我が家にも無印良品で購入した
ぬか床がありまして、
週1くらいで混ぜるだけなので
特に手間もかからないし、
自分のようなビギナーが
ぬか漬けにチャレンジするのに
ちょうどいい商品だなーと感じてます!

最近はぬか漬けをやっている
若い方も増えているみたいで、
「ぬか床の乳酸菌がかわいい」
という境地に至ってる方も
いるみたいです。

ちょっと匂いも独特だし、
思い通りにならなかったり
するところとか、
恋愛と重なるところが
あるのかもですね。

「なによあの男(ぬか)!嫌なやつ!」とか
「へえ、おれになびかないなんて、おもしれー女(ぬか)」とか
壁ドンみたいにぬかドンとか、
顎クイみたいにぬかクイとかしながら
夜な夜なぬかと戯れてると、
おいしいぬか漬けができそうですよね!

このぬか漬けですが、
改めて考えるとSDGs的に
優れている点が多いなーと感じました。

本来ゴミになる野菜くずも
おいしく食べられて
フードロス削減にも繋がるし、
調理にエネルギーを
使用しないので
有限な資源の節約もできます。

さらにぬか自体も、
今回ご紹介した商品のように
精米工程で捨てられる
米ぬかを使用したり、
廃棄していたウニ殻を使用した
ぬかがあったりなど、
今まで捨ててたものを使用して、
今まで捨ててたものを食べるっていう
何とも無駄のないサイクルが
できてるんですね。
しかも出来上がるのは
身体にいい発酵食品!
なんというサステナブルっぷり。

まだまだ暑い日が続きますし、
食欲低下から栄養不足に
ならないように、
身体にも環境にも優しい
サステナブルなぬか漬けに
チャレンジしてみてはいかがでしょうか!

 

ではまた次回!